photo

日劇《神南署安積班6~警視廳安積班》劇情人物介紹
基本資料

導演:酒井聖博 / 吉田秋生 / 荒井光明 / 武藤淳
編劇:大川俊道 / 荒井修子 / いとう鬥士八 / 岡芳郎 / 安井國穂 / 今野敏(原作)
主演:佐々木蔵之介 / 比嘉愛未 / 小澤征悅 / 福士誠治 / 高島禮子 / 六平直政 / 加藤夏希 / 合田雅吏 / 林家正蔵 / 升毅 / 金田明夫 / 橋爪功 / 裏見浩太朗
類型:劇情
首播:2012-01-14

官網:http://www.tbs.co.jp/hancho/

角色人物
安積剛志 (警部補):佐々木蔵之介
結城沙緒裏 (巡査):比嘉愛未
尾崎誠 (警部補):小澤征悅
小池竜也 (巡査):福士誠治
真山塔子 (捜査一課長):高島禮子 (特別出演)
丸岡喜一郎 (鑑識課主任):六平直政
木村千春 (鑑識課員):加藤夏希
城戸章弘 (捜査一課管理官):合田雅吏
寺田正一 (交番巡査):林家正蔵
久米島保 (刑事課・課長):升毅
徳吉幸吉 (居酒屋店主):金田明夫
水沢圭次郎 (醫師/赤ひげ先生):橋爪功
川口総太郎 (刑事部長・警視監):裏見浩太朗


劇情簡介
2013年冬季 TBS 日劇

 

佐佐木藏之介《安積班》系列推出第六輯,今次安積班將調到東京晴空塔腳下的「押上警察分署」,佐佐木對又再調動感到驚訝。新地區有下町風土人情,留有江戶時代的傳統及複雜人際關係,上集比嘉愛未、小澤征悦、福士誠治繼續出場,新加入該地廣受居民歡迎的老醫師橋爪功,對警察不信任,將在劇中慢慢和安積班出現關係變化。


  安積班が東京スカイツリーのお膝元に異動!
  新設された「警視庁押上員警分署」で挑む新たなる戦い
  刑事として、人として、安積が抱える様々な問題にチームで挑む!!
  待望のシリーズ第6弾!!!
  2009年4月13日に『ハンチョウ~神南署安積班~』としてスタート以來、大好評の『ハンチョウ』シリーズの第6弾が、2013年1月に再始動! みなさんの前に帰ってきます!!
  前シリーズで警視庁へ異動し、難事件の解決に挑んだ安積班。今回は、現在、観光地としても國內外から注目されている東京スカイツリーのお膝元、押上地區へと舞臺を移して活躍します。
  ものがたりは、組織の硬直化が進む捜査現場の現狀を打開するために、日本では初となる「分署」を設立することとなり、警視庁の川口刑事部長(裏見浩太朗)が、押上地區をそのモデルケースに選んだところから始まります。
  「員警署」と「交番」の間に立ち、中立的な働きを期待される「分署」。その署員として指名されたのが、半年前に警視庁・特捜一係として、抜群のチームワークを発揮して凶悪なテロ犯罪を防いだ安積剛志(佐々木蔵之介)、結城沙緒裏(比嘉愛未)、尾崎誠(小澤征悅)、小池竜也(福士誠治)ら4人の刑事たち。
  著任早々、安積班を待っていたのは、昔ながらの伝統的な職人気質を殘しながら、観光客があふれ大きく変化している“下町”。特に、この町で長年開業醫を続け、町中の人から「赤ひげ先生」と呼ばれ慕われている老醫師・水沢圭次郎(橋爪功)は、員警組織に不信感を持ち、安積班の捜査にことごとく立ちはだかります。
  安積班は、頑固一徹な水沢醫師の心を溶かすことが出來るのか?
  事件の謎解きやチーム內での葛藤に加え、様々なドラマの醍醐味を詰め込んで、各話バラエティ豊かに展開する「シリーズ6」は、前シリーズで描かれた“ハード”な部分も活かしつつ『ハンチョウ』ならではの“人情味”や“溫かさ”を倍増させて、事件の面白さやちょっとした笑いも楽しめる、そしてグッと泣ける刑事ドラマを目指します。

    oneeye 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()